源泉徴収前の報酬額

10.21%(100万円を超える部分は20.42%)

「税抜」を指定した場合は、本体価格を記入してください。
「本体 + 税」を指定した場合は、合計金額を記入してください。

源泉徴収後の報酬額

お役に立ちましたらいいねお願いします!!

源泉徴収の計算に関する基礎知識

ここでは源泉徴収税を徴収する立場から説明します。フリーランスの方など徴収される側の方は置き換えてお読み下さい。

復興特別所得税

支払い金額に10.21%を掛け、1円未満の端数を切り捨てます。
平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に発生する報酬に対する所得税とは別に復興特別所得税を徴収する必要があります。

源泉徴収の計算方法

源泉徴収の計算は100万円以下とそれ以上で税額が異なります。

支払金額 税額
100万円以下 支払金額 × 10.21%
100万円超 (支払金額 - 100万円) × 20.42% + 102,100円

つまり100万円までは10.21%がかかり、100万円を超える分には20.42%がかかるという意味となります。

当サイトの端数処理の扱い方について

本体価格、税額に端数(小数点以下の数字)がでた場合は、計算結果に対して四捨五入しています。

源泉徴収額に1円未満の端数が出た場合は切り捨てで計算しています。

税抜表示と税込表示の違い

発行する請求書について、報酬の中に消費税が含まれている場合、原則として消費税を含めた額を源泉徴収の対象となります。
ただし、請求書内に、報酬の額と消費税が明確に区分されている場合、報酬の額に対してのみ源泉徴収の対象として差し支えないということが、国税庁のホームページに記載されています。

源泉徴収の対象となる人、対象でない人

(1) 報酬・料金等の支払を受ける者が個人の場合の源泉徴収の対象となる範囲

  • イ 原稿料や講演料など
  • ただし、懸賞応募作品の入選者などへの支払については、一人に対して1回に支払う金額が5万円以下であれば、源泉徴収をしなくてもよいことになっています。

  • ロ 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
  • ハ 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
  • ニ プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金
  • ホ 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
  • ヘ ホテル、旅館などで行われる宴会等において、客に対して接待等を行うことを業務とするいわゆるバンケットホステス・コンパニオンやバー、キャバレーなどに勤めるホステスなどに支払う報酬・料金
  • ト プロ野球選手の契約金など、役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
  • チ 広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金

実際に自分の仕事が源泉徴収の対象かどうかは、国税庁のホームページに例示されているので、確認してみると良いでしょう。 最近多いWEB関連でいうと、記事作成やWEBサイト、ロゴのデザインなどは対象となっています。ただし、WEBサイトの制作などに関しては対象外とされているようです。

注意点

当サイトの計算式はあくまで、参考としてお使いください。当サイトの計算結果によって生じたいかなる損害についても、当サイトでは責任を負いかねます。

当サイトに関して、ご質問やご指摘、ご要望などございましたら、お問い合わせまでご連絡ください。

QRコード

以下のQRコードを読み取ることで、お手持ちの端末からアクセスすることが出来ます。

QRコード